JAPAN SECURITY SCHOOL

一般社団法人 日本防犯学校

本校は、2001年設立のNPO犯罪予防相談センターの活動を継承し、犯罪抑止のための正しい情報の発信、人材の育成、地域社会の防犯活動、セキュリティ産業の普及を推進する学校として2006年4月28日にスタートしました。

学長

梅本正行

一般社団法人 日本防犯学校学長/防犯ジャーナリスト
NPO犯罪予防相談センター創立者、理事長を経て、2006年4月より日本防犯学校学長を務める。

CRIME PREVENTION

予知防犯対策

『予知防犯対策』とは今後どんな犯罪被害に遭う可能性が高いかを予測し、被害に遭う前にとる防犯対策のことです。

JAPAN SECURITY SCHOOL

(社)日本防犯学校

本校は、2001年設立のNPO犯罪予防相談センターの活動を継承し、犯罪抑止のための正しい情報の発信、人材の育成、地域社会の防犯活動、セキュリティ産業の普及を推進する学校として2006年4月28日にスタートしました。

学長

梅本正行

一般社団法人 日本防犯学校学長/防犯ジャーナリスト
NPO犯罪予防相談センター創立者、理事長を経て、2006年4月より日本防犯学校学長を務める。

CRIME PREVENTION

予知防犯対策

『予知防犯対策』とは今後どんな犯罪被害に遭う可能性が高いかを予測し、被害に遭う前にとる防犯対策のことです。

活動内容 Activity

学長・梅本正行が提唱する、犯罪を未然に防ぐ「予知防犯学」を社会に浸透させることを目的に、市民の防犯意識の高改革、防犯対策の指導者の育成、セキュリティ産業の発展に寄与する活動を実践していきます。

予知防犯対策の講座開設

一般市民、地方自治体、防犯ビジネス関係者など、対象者別の講座を開設して、具体的な予知防犯対策を指導します。

防犯意識向上の講演会、セミナーの開催

学校、自治体、企業など、様々な場へ出向き、防犯意識の高揚と実践的な対策を普及浸透していきます。

テロ対策、要人擁護、暴力団対策、盗聴、盗撮、振り込め詐欺

要人、企業、社会を護るプロの指導者が、高度な護衛技術や対応策を指導します。

出張講習会

全国各地へ出向き、一般市民向け、自治体関係者向け、防犯事業者向け、建築事業者向けなど、それぞれのニーズや対象者に合わせたカリキュラムを用意して、実際の生活やビジネスに役立つ講義を提供します。

警察、警備に関わる方々へ

より高度な防犯対策と正しい防犯知識を学んでいただきます。

マスコミ関係者の方々へ

読者・視聴者の方々に、正しい防犯知識を伝えるための「犯罪被害実例」と「予知防犯対策」を紹介します。

学長プロフィール Profile

梅本正行

一般社団法人 日本防犯学校学長/防犯ジャーナリスト

1964年からセキュリティ事業に参入し、警察署での署員特別教養講師や犯人逮捕への協力など、警察からの感謝状は 400 枚を越える。侵入犯罪の現場には極力足を運び、犯罪現場の環境や犯行手口など、事件の内容を検証。その数は 8000 件を越え、今もなお増え続ける。 現在、犯罪者心理を知り尽くしたプロの目で、防犯ジャーナリストとして活躍。テレビ・ラジオ・新聞・雑誌等で予知防犯対策を提唱している。また、行政・自治体・民間企業等でのセミナーや講演も多く、人情味あふれる独特のキャラクターで予知防犯対策の重要性と人の命の尊さを呼びかけている。 防犯対策責任者の育成にも力を入れ、養成講座を開講する傍ら、犯罪抑止に力を注ぐと共に経済産業省の「省エネ・防犯情報提供事業研究会」の委員として参画していた。 現在は地域の防犯ボランティアの育成や防犯住宅を造る工務店の育成を全国で行っている。また犯罪が起きにくい社会環境を作る為に『防犯法』の設立を目指し活動をしている。

【 テレビ・ラジオ出演実績 】
NHK 「ニュースウオッチ9」
「特報首都圏」
「あさイチ」
「おはよう日本」
NHK名古屋 「ナビゲーション」
「金とく 東海のこれから ~治安~」
※2006年4月、NHKが地方局の番組制作に力を注ぎ始めた。そして、NHK東海の第一弾が上記番組。視聴者の治安への関心が高く大きな反響を呼び、10月には「子どもを守る」をテーマに第二弾が放映された。
日本TV 「ニュースリアルタイム 梅さんの防犯徹底術」
※被害者の家、会社、あるいは地域社会に出向いて、防犯ポイントと具体的対策を指導した40本以上続いた人気コーナー
「トリックハンター」
「うんちくクン」
「真相報道!バンキシャ」
「シューイチ」
「おもいっきりDON!」
「世界一受けたい授業」
「世界まる見え!テレビ特捜部」
「所さんの目がテン」
「超問!真実か?ウソか?」
「午後は○○おもいっきりテレビ」
「スーパースペシャル」
「特命リサーチ2000X」
「太田光の私が総理大臣になったら・・・秘書田中」
「LQ-女をあげる30分」
TBS 「ひるおび!」
「新・情報7DAYS ニュースキャスター」
「Nスタ」
「ビビット」
「水とく!」
「あさチャン」
「ピンポン」
「噂の東京マガジン」
「金曜テレビの星 身近な犯罪」
「世界バリバリバリュー」
「スーパーフライデー 大都会最新犯罪スペシャル」
「イブニング・ファイブ」
「チェックザNO1」
「はなまるマーケット」
フジTV 「ニッポンのぞき見太郎」
「みんなのニュース」
「特ダネ」
「どーも☆キニナル」
「危機一髪SOS」
「発掘あるある大辞典」
「ザ・ベストハウス123」
「全国一斉!日本人テスト」
「めざましテレビ」
「バイキング」
TV朝日 「羽鳥慎一モーニングショー」
「報道ステーション」
「モーニングバード」
「グッドモーニング」
「ハナタカ!優越館」
「スーパーJチャンネル」
「ワイドスクランブル」
「ザ・クイズマン」
TV東京 「日曜ビッグスペシャル」
「あなたの常識は、非常識。ソレダメ!」
東海TV 「スーパーニュース」
中京TV 「ニュースプラス1 梅さんの防犯チェック」
テレビ愛知 「山浦ひさしのトコトン!1スタ」
「データで解析!サンデージャーナル」
CBC 「ユーガッタCBC」
「ゴゴスマ」
讀賣テレビ 「ミヤネ屋」
「かんさい情報ネットten!」(準レギュラー)
関西テレビ 「よーいドン!サンデー」
「ウラマヨ」
「マルコポロリ」
「ものしりティーチャー」
東京MX 「トウキョウもっともっと!元気計画研究所」
「Tokyo Boy」
BS-TBS 「ホンネDEジャパン」
CATV 「大人の学校」
※他200本以上出演

【ドラマ監修】
フジテレビ 「鍵の掛かった部屋」第4話防犯監修
海外ドラマ 「パーソン・オブ・インタレスト」リリース監修

【その他】
韓国映画「10人の泥棒たち」 プレスリリースコメント
安心できない時代の生き方

本書では、凶悪犯罪から身近な軽犯罪まで、豊富な知識と情報を持ち、警察のブレーンともなっている著者が、あなたが犯罪被害に遭う確率を80パーセント減らす術を伝授する。犯人目線の研究など、参考になること請け合いで、自分たちの生活がいかに防犯意識の低いものであったか理解できるであろう。NHKをはじめ、テレビで人気の防犯アナリストによる最新の安全生活マニュアルである。

◆発行:PHP研究所
泥棒はなぜ「公園に近い家」を狙うのか?

公園が近くにある家では、泥棒被害が多発している! お金と手間をかけないでできる防犯のコツと、実際に起きた事件を紹介。犯罪被害に遭わないために施す「予知防犯」のノウハウが満載。

◆発行:現代書林
梅さんの「今日からできる命と財産の守り方教えます」

「暮らしの安心」から「地域の安全」まで、無駄な出費をかけずに犯罪を防ぐノウハウが満載。

◆発行:主婦と生活社
梅さんの 次に狙われるのは、あなたの家です!

本書では、入門編としての意味から、空き巣・強盗・放火の典型的犯罪のケーススタディを27件紹介し、「なぜ、その家が狙われたのか」、「具体的にどんな不注意があったのか」、「防ぐことはできたのか」という角度から検証、著者独特のアドバイスを行なっている。本書で警告するまでもなく、世の中は大変物騒になっている。それは、読者の想像を超えた恐ろしさであることを伝えるとともに、日ごろからの備えをいかに行なうべきかを説き明かす、一家に一冊の防犯のバイブルである。

◆発行:PHP研究所
新・防犯手帳「お金と命が危ない」

梅本氏の防犯ノウハウが、あ・うん社から発行され、大きな反響を呼んでいる。 新・防犯手帳「お金と命が危ない」は、カードスキミングや振り込め詐欺、インターネット犯罪、侵入犯罪など、大きな社会問題になっている犯罪の手口を紹介。その防犯対策が分かりやすくまとめられている。特に、犯罪者心理と被害者心理を的確に捉えているために、どんな所に注意を払わなければいけないのか、どのような対策が有効か、などが詳しく書かれていて、まさに、一家に一冊の防犯手帳だ。

◆発行:あ・うん社
事件に学ぶ『狙われる家』-今こそ予知防犯の時代

「うちは盗まれるものがないから大丈夫だ」「今まで泥棒に入られたことがないから、これからも大丈夫」・・・、そんな防犯意識の低さが、心にスキをつくる。『狙われる家』では、テレビや新聞などではほとんど取り上げられることのない“被害者のその後”を、梅本氏が検証事例の数々を通して明らかにしていく。そして、犯罪被害者は金品を失うだけでなく、精神的・肉体的な被害を受け、一生を台無しにすることもあるという事実が、予知防犯対策の重要性を物語る。 本書では、事件は何故起きたのか、その原因を分析し、対策を徹底指導する。

◆発行:創樹社

予知防犯 CRIME PREVENTION

今後どんな犯罪被害に遭う可能性が高いかを予測し、被害に遭う前にとる防犯対策

本校は、学長・梅本正行の『予知防犯学』を社会に浸透させ、正しい防犯知識を普及させることを目的とします。 防犯対策で最も重要な事は、犯罪を予知・予測して、未然に防ぐ事です。地域の防犯活動、個人の防犯対策、防犯事業者の防犯事業に対し、正しい防犯情報とノウハウを指導することにより、犯罪を未然に防ぐ効果的な対策となり、さらに犯罪が起き難い環境を作り上げることができます。犯罪が発生してから対策を考えるのではなく、犯罪を未然に防ぐ。それが予知防犯対策です。 本校は、学長・梅本正行が提唱する『予知防犯学』を社会に浸透させることで、犯罪抑止に寄与していきます。また、本校では、日本の防犯事情のシンクタンクを担う組織として、防犯データや防犯対策商品情報や開発に必要なノウハウなど、防犯に関する最新情報・知識・ノウハウを収集・発信する組織を目指します。

日本防犯学校支部一覧

講師陣 Instructors

日本防犯学校の講師陣

大越 修(理事)Osamu Ogoshi

テロ対策・誘拐対策

星 光啓Mitsuhiro Hoshi

防犯住宅

三原成寛Narihiro Mihara

防犯住宅

淡路泰雄Yasuo Awaji

鍵対策

酒井賢一Kenichi Sakai

盗聴・盗撮対策

河野保治Yasuji Kouno

ホームセキュリティ対策

セキュリティアドバイザー
資格認定養成セミナー Training Seminar

当セミナー(講座)は、防犯対策における診断や評価のできる技能者を養成。企業・自治体などの防犯責任者を育てます。そして、住宅・不動産業界に防犯ビジネスを生み出し、自治体では地域防犯を推進するチカラとなります。当セミナー(講座)は、受講時の試験に合格すると、一般社団法人日本防犯学校「セキュリティアドバイザー」の認定証が授与されます。
※会社や自治体のグループでも受講できます。

お問い合わせ Contact

日本防犯学校、梅本正行、その他に関するお問い合わせは、下記のフォームからお送り下さい。

お名前必須
メールアドレス必須
会社名
電話番号
お問い合わせ内容
必須
名称一般社団法人日本防犯学校
設立2014年5月13日
代表理事若山千春
学長梅本正行